ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス(WBA)の銘柄分析(株価・配当・見通し)

目次

ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス(WBA)の基本情報

ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス(WBA)の事業と歴史

ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス(WBA)は米国で2位のドラッグストアチェーンです。2014年末に米国のウォルグリーンとヨーロッパのアライアンス・ブーツが合併して誕生しました。売上の主力は処方箋薬の販売ですが、自社ブランドである「No 7」などの日用品販売やインフルエンザ注射等の医療サービスも行っています。今後はアリババを通じて化粧品に参入するなど中国市場の開拓に取り組んでいます。

ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス(WBA)の株価推移

ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス(WBA)の株価(2019年11月18日現在)です。業績は好調なのですが、払戻金過剰請求等の問題が影響して株価は下落しています。

 

ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス(WBA)の増配年数と配当利回り

増配年数

43年

配当金(配当利回り)

1.83(2.94%)

ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス(WBA)の注目ポイント

ドラッグストア市場を握る1社

アメリカのドラッグストア市場はウォルグリーン・ブーツ・アライアンス(WBA)とCVSヘルス(CVS)の2社による事実上の寡占状態です。複数の買収を繰り返して集約された形ですが、今も買収による拡大を続けています。

2017年には業界3位のRite Aid(RAD)が保有する3つの物流センターと2000近い薬局を4億7500万ドルで買収しました。これにより、販売網と輸送網を拡大し更なる成長路線に入りました。

アメリカとヨーロッパを中心に約25ヶ国で約18000の店舗と約400の流通センターを有し、多くのアメリカ国民は近隣に居住しています。これは非常に高い競争優位性です。

ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス(WBA)の業績・財務

ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス(WBA)の配当金と配当性向・増配率

年間配当金の推移

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
配当 0.475 0.5875 0.75 0.95 1.14 1.2825 1.3725 1.455 1.525 1.64

配当は年々かなりの勢いで増えています。

配当性向の推移

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
配当性向(%) 23.51% 27.71% 25.51% 39.26% 44.53% 63.18% 34.31% 38.09% 40.34% 32.48%

配当性向はかなり低くまだまだ余力があります。

増配率の推移

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
増配率(%) 23.68% 27.66% 26.67% 20.00% 12.50% 7.02% 6.01% 4.81% 7.54%

増配率は落ち着いて以降もかなり高めの水準を維持し続けています。

ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス(WBA)のEPS(1株当たり利益)とBPS(1株当たり純資産)

EPS

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
EPS 2.02 2.12 2.94 2.42 2.56 2.03 4 3.82 3.78 5.05

EPSは安定しつつも緩やかに成長しています。

BPS

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
BPS 19.32 20.55 21.52 28.32 27.59 26.83 27.31

BPSは概ね横ばいです。

ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス(WBA)の発行済み株式数

発行済み株式数

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
発行済株式数 1,082.99 1,023.85 952.13 859.39

かなりの自社株買いを行っており配当と合わせて株主還元に積極的です。

ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス(WBA)の売上高

売上高

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
売上高 63,335 67,420 72,184 71,633 72,217 76,392 103,444 117,351 118,214 131,537

合併前から合併後も成長を続けています。

ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス(WBA)の営業利益・純利益

営業利益

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
営業利益 3,514 3,626 4,101 3,506 3,737 3,936 5,307 6,468 6,246 6,363

営業利益は上下しながらも緩やかに成長しています。

純利益

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
純利益 2,006 2,091 2,714 2,127 2,450 1,932 4,220 4,173 4,078 5,024

純利益も伸び続けています。

ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス(WBA)のキャッシュフロー

営業キャッシュフロー

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
営業CF 4,431 4,301 3,893 5,664 7,847 7,251 8,265

営業キャッシュフローは緩やかに伸び続け合併時の倍にも迫る勢いです。

投資キャッシュフロー

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
投資CF -5,860 -1,996 -1,731 -4,276 -3,517 -843 -5,501

変動幅がありますが、特段注意しなければならないような支出はありません。

フリーキャッシュフロー

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
フリーCF 3,998 4,788 2,663 3,965 5,966 5,125 4,944

フリーキャッシュフローは横ばいですが高い水準で安定して出せています。

ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス(WBA)の営業キャッシュフローマージン

営業キャッシュフローマージン

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
営業CFM 6.19% 5.96% 5.10% 5.48% 6.69% 6.13% 6.28%

こちらは可もなく不可もなくでそこそこの水準と言えます。

ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス(WBA)の今後の見通しとまとめ

寡占市場化しているアメリカの薬局業界において更に拡大していくことが予想されます。医薬品の他に医療サービスも行っており、今後の人口増加に伴いその子役は増えていくでしょう。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

閲覧ありがとうございます。こちらも押していただけると嬉しいです!