ユナイテッド・テクノロジーズ(UTX)の銘柄分析(株価・配当・見通し)

ユナイテッド・テクノロジーズ(UTX)の基本情報

ユナイテッド・テクノロジーズ(UTX)の事業と歴史

宇宙航空産業大手です。1929年に現在のボーイングやユナイテッド航空などと合併会社を作りましたが、1934年に反トラスト法で解体され発足しました。
合併会社は部品・エンジンの製造から機体の組み立て、運航までもを自社で行うものでさすがにこれはいけないと思われ5年で解体されたのでしょう。
民間・軍用機向けのエンジンやシステムが主軸ですがエスカレーター、エレベーター、空調、セキュリティ機器なども扱っています。

ユナイテッド・テクノロジーズ(UTX)の株価推移

ユナイテッド・テクノロジーズ(UTX)の株価(2019年11月20日現在)です。民間・軍用機共に需要が多く業績は好調です。中国関連で景気減速の懸念等がありましたが、買収などが成果を出し好調を維持しています。

ユナイテッド・テクノロジーズ(UTX)の増配年数と配当利回り

増配年数

26年

配当金(配当利回り)

2.94(1.97%)

ユナイテッド・テクノロジーズ(UTX)の注目ポイント

航空機エンジン業界のビッグ3

中核とも言える航空機エンジン等は傘下に持つプラット・アンド・ホイットニーがグループ内の1部門として行っています。この航空機エンジンはロールス・ロイス・ホールディングス、ゼネラル・エレクトリックに並ぶビッグ3として業界内で強力な地位を有しています。

主力は航空機エンジンですが、ロケットエンジン、鉄道エンジン、船舶エンジン等も製造しておりエンジン製造事業だけでも非常に広範に渡っています。

今後の買収と分社化計画

エレベーターから航空エンジン、宇宙事業まで幅広く手掛けるユナイテッド・テクノロジーズ(UTX)でしたが近年、宇宙・航空事業の方に大きな力を入れようと再編に取り組んでいます。

まず、防衛・航空大手レイセオンを買収し事業拡大の足場を得ました。

そして、エレベーター事業を行う「オーチス」と空調設備を担う世界有数のメーカーである「キヤリア」を分社し、本体は航空関連事業に注力する計画です。

ユナイテッド・テクノロジーズ(UTX)の配当金と配当性向・増配率

年間配当金の推移

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
配当 1.54 1.7 1.865 2.03 2.195 2.36 2.56 2.62 2.72 2.835

配当金は毎年増加しています。

配当性向の推移

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
配当性向 37.38% 35.86% 33.97% 35.87% 35.12% 34.60% 29.70% 42.81% 47.72% 43.62%

配当性向は低めに抑えられています。まだまだ余力はありそうです。

増配率の推移

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
増配率(%) 10.39% 9.71% 8.85% 8.13% 7.52% 8.47% 2.34% 3.82% 4.23%

ここ数年は落ち着いた増配率です。

ユナイテッド・テクノロジーズ(UTX)のEPS(1株当たり利益)とBPS(1株当たり純資産)

EPS

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
EPS 4.12 4.74 5.49 5.66 6.25 6.82 8.62 6.12 5.70 6.50

EPSは幅がありながらも長く見れば成長を続けています。

BPS

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
BPS 28.20 34.76 34.32 32.63 34.10 37.55 45.12

BPSは増加しています。

ユナイテッド・テクノロジーズ(UTX)の発行済み株式数

発行済み株式数

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
発行済株式数 838.34 808.70 799.13 861.48

発行済み株式数は増えたり減ったりであまり変わりません。

ユナイテッド・テクノロジーズ(UTX)の売上高

売上高

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
売上高 52,425 52,275 55,754 57,708 62,626 65,100 56,098 57,244 59,837 66,501

売上高は横ばいでしたが再び増加し始めています。

ユナイテッド・テクノロジーズ(UTX)の営業利益・純利益

営業利益

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
営業利益 6,325 7,122 7,957 7,567 9,313 9,946 8,005 8,083 7,689 8,823

営業利益は若干成長した後、横ばいといった感じです。

純利益

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
純利益 3,829 4,373 4,979 5,130 5,721 6,220 7,608 5,055 4,552 5,269

純利益も営業利益と同じような動きをしています。

ユナイテッド・テクノロジーズ(UTX)のキャッシュフロー

営業キャッシュフロー

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
営業CF 6,646 6,877 7,336 6,383 3,880 5,631 6,322

基本的に横ばいです。

投資キャッシュフロー

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
投資CF -15,821 -1,113 -2,305 6,206 -2,503 -3,019 -16,973

例年は少なく抑えられています

フリーキャッシュフロー

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
フリーCF 3,696 7,997 4,344 10,922 780 3,821 4,780

フリーキャッシュフローはかなり変動が激しい感じが見られます。

ユナイテッド・テクノロジーズ(UTX)の営業キャッシュフローマージン

営業キャッシュフローマージン

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
営業CFM 11.52% 10.98% 11.27% 11.38% 6.78% 9.41% 9.51%

こちらはまずまずの水準で推移しています。

ユナイテッド・テクノロジーズ(UTX)の今後の見通しとまとめ

それぞれが世界規模のシェアを誇り業績も好調ですが、さらなる成長と価値向上のために分社化します。米国の経済成長と直結する事業であり今後も成長が見込まれます。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

閲覧ありがとうございます。こちらも押していただけると嬉しいです!