一目で分かるアメリカ経済・株式市場 11月27日の出来事

11月27日の出来事まとめ

27日の米国株式市場では26日に続いてダウ平均、S&P500、NASDAQ総合指数が揃って3日連続の最高値を更新しました。

7月~9月期のアメリカ実質国内総生産(GDP)改定値と新規失業保険申請数が共に市場予想よりも良好な数値絵を出したことによるリスクオンの展開があります。

個人消費を背景とした力強い米国経済と雇用の大きさが示された形です。

主な当局者の発言

発言ではありませんがトランプ大統領が引け後に香港のデモ隊を支援する内容を含んだ香港人権・民主主義法案に署名したことを受けてドル円が下落するなど緊張が高まる恐れがあります。

各市場の動き(NY市場終了時間時点)

NYダウ平均の動き

ダウ平均は42.32ドル(0.2%)上げて28164.00ドル

S&P500の動き

S&P500は前日比13.11ドル上昇し0.4%高の3153.63

NASDAQ総合指数の動き

NASDAQ総合指数は57.25ドル(0.7%)上昇し8705.18となりました

米国債市場の動き

10年債利回りは現在1.77%近辺を推移しています。

前日比で3bp上昇しました。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

閲覧ありがとうございます。こちらも押していただけると嬉しいです!