マイクロソフト(MSFT)の2019年9月期決算が発表されました!

Microsoft(マイクロソフト)の2020年会計年度の第1四半期(2019年7〜9月)の決算が発表されました。結果は予想されていた323億2000万ドルを大きく超えました。

第1四半期の売上高は前年同期比14%増加の331億ドルとなり、純利益は21%増加で107億ドル、EPS(1株あたり純利益)は1.38ドルでした。

ソフトウェア・主要サービス

Office製品やLinkedInなどのソフトウェアやサービスをまとめたMicrosoftのProductivity and Business Processes部門の売り上げは13%増えて111億ドル、LinkedInの売上は25%増加しました。特にOffice 365 Businessの収益は25%増加したことで、Office部門の収益は前年同期から13%増加しています。

Microsoftによると、Office 365のSaaS(Software-as-a-Service=ソフトウェアの必要な機能を必要な分だけ利用出来る提供モデル)には3560万人が加入しています。

インテリジェントクラウド

また、Microsoftが重要な取り組みの柱として掲げているIntelligent Cloud(インテリジェントクラウド)部門の売上高は27%伸びて108億ドルとなり、サーバープロダクトとクラウドサービスは30%増加。特にAzureの売り上げは59%増加しましたが前年同期の76%に比べると下落しました。しかし、アマゾン・ドットコムが展開するAWSと競合するクラウドサービスAzureの成長率も減少しています。

Azuruの成長は減速気味であることに間違いありませんが競合するAmazonの四半期決算でもAWS(Amazon Web Service)の成長が鈍化は指摘されており、これはクラウド佐合界全体に言えることだと思います。それでも強い勢いを保ってAWSを猛追しており、この好調さが近年Microsoftの急成長を支えています。

Microsoftのサティア・ナデラCEOは、「世界の主要企業は、デジタル基盤確立で当社のクラウドを選択している」とコメントしています。

ゲーム・ハードウェア関連

Windowsをはじめゲームや各種ハードウェアをまとめたパーソナルコンピューティング部門は4%増加の111億ドルでした。その中に含まれるゲーム部門に関して、Xboxは好調に推移しているものの、据置ゲーム機の売上数は変わらず、Xboxによる収益に大きな変化はないとマイクロソフトは述べています。

また、ノートPCであるSurfaceは収益が前年同期から4%減少しています。前年同期は確かにSurface Goが発売された直後であり、純粋な比較対象かどうかに疑問がつかないわけでもありませんがいずれにせよ、Surfaceはマイクロソフト社の収益に大きく貢献しているとはいいがたいのも事実です。

次期の予想

次期第2四半期(2019年10〜12月)の予想をの売上は351億5000万ドルから359億5000万ドルの間としました。

大きな割合を占めるAzuruの成長鈍化により業績の成長が鈍化していますが、Microsoftは今後も成長を続けることができると予想しています。

マイクロソフト(MSFT)の銘柄分析です。よかったら見てください!

マイクロソフト(MSFT)の銘柄分析(株価・配当・見通し)

2019年10月26日

株価は最高値更新!長期投資に最適な米国株マイクロソフト(MSFT)の魅力とは??

2019年11月11日

マイクロソフト(MSFT)が国防総省に対するクラウドサービス「JEDI」の契約を獲得

2019年10月29日

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

閲覧ありがとうございます。こちらも押していただけると嬉しいです!