ロッキード・マーチン(LMT)の銘柄分析(株価・配当など)

ロッキード・マーチン(LMT)の事業と歴史

米国最大手の軍用機メーカーです。アメリカ政府向けの売上が7割を占めます。以前はトライスター旅客機等の民間航空機事業も行っていましたが、1981年に撤退し合併と買収を繰り返し軍需事業に集中する現在の形になりました。世界最新鋭のステルス戦闘機である、F-22やF35の開発製造を行っており、トランプ政権の軍事費拡大政策を受けて売上高が増加しています。

一部門である「ロッキード・マーティン先進開発計画(Lockheed Martin’s Advanced Development Programs)」は多数の軍用機を生み出してきたなど軍需産業の先端をリードする会社です。

ロッキード・マーチン(LMT)の株価推移

ロッキード・マーチン(LMT)の株価(2019年11月17日現在)です。概ね右肩上がりを続けています。トランプ政権による今後の軍事費増大により更なる上昇が見込まれます。

 

 

ロッキード・マーチン(LMT)の配当金と配当性向・増配率

年間配当金

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
配当 2.34 2.64 3.25 4.15 4.78 5.49 6.15 6.77 7.46 8.2

配当金は大きく伸び続けており、4倍近くになっています。

配当性向

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
配当性向(%) 30.59% 33.76% 41.61% 49.64% 52.35% 48.97% 53.71% 38.71% 110.52% 46.62%

配当性向も低く抑えられていて安定しています。

増配率

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
増配率(%) 12.82% 23.11% 27.69% 15.18% 14.85% 12.02% 10.08% 10.19% 9.92%

増配率も高めで推移しており今後も成長が期待できます。

ロッキード・マーチン(LMT)のEPS(1株当たり利益)とBPS(1株当たり純資産)

EPS

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
EPS 7.65 7.82 7.81 8.36 9.13 11.21 11.45 17.49 6.75 17.59

EPSも大きく成長し2倍以上になりました。

BPS

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
BPS 0.12 15.42 10.83 10.22 5.23 -2.98 4.96

BPSは増減が激しいです。

ロッキード・マーチン(LMT)の発行済み株式数

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
発行済株式数 306 289 284 281

発行済み株式数は少しずつ減っています。

ロッキード・マーチン(LMT)の売上

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
売上高 43,867 45,671 46,499 47,182 45,358 45,600 40,536 47,248 49,960 53,762

売上高は横ばいが続いていましたが、トランプ政権の軍事費拡大政策により売り上げが再び増加傾向になりました。

ロッキード・マーチン(LMT)の営業利益・純利益

営業利益

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
営業利益 4,089 4,013 3,824 4,205 4,580 5,369 4,602 5,082 6,230 7,244

営業利益も2016年以降の成長が顕著となっています。

純利益

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
純利益 2,973 2,878 2,655 2,745 2,981 3,614 3,605 5,302 1,963 5,046

純利益も営業利益と同じく、2016年以降大きく成長しています。

ロッキード・マーチン(LMT)のキャッシュフロー

営業キャッシュフロー

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
営業CF 1,561 4,546 3,866 5,101 5,189 6,476 3,138

営業キャッシュフローも売上と共に大きく成長しました。

投資キャッシュフロー

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
投資CF -1,177 -1,121 -1,723 -9,734 -985 -1,147 -1,075

投資キャッシュフローは基本的に横ばいで安定しています。

フリーキャッシュフロー

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
フリーCF 1,650 5,354 3,277 1,986 2,806 1,910 4,214

変動はありますが安定してフリーキャッシュフローを創出できています。

ロッキード・マーチン(LMT)の営業キャッシュフローマージン

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
営業CFM 3.31% 10.02% 8.48% 12.58% 10.98% 12.96% 5.84%

低い年はありますが基本的には高水準です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

閲覧ありがとうございます。こちらも押していただけると嬉しいです!