JPモルガン・チェースの銘柄分析(株価・配当など)

JPモルガン・チェース(JPM)の事業や歴史について

JPモルガン・チェースは2000年にJPモルガンとケミカル(チェースマンハッタン銀行)の合併によって誕生しました。現在は日本も含めた世界60ヶ国以上で事業を行っています。その後も買収を重ね米国内において最大の資産規模の銀行となりました。グループの中でJPモルガンは富裕層向けの投資銀行・チェース銀行は商業銀行として米国内の中小企業や個人向けにリテール業務を行うなどして活動しています。米国の金融緩和縮小による利上げで利ざやが改善しつつありましたが、再び利下げに入ったことで再び利ざやが縮小しつつあります。しかし、債券や為替相場でのトレーディング収入などもあり非常に強固な金融機関です。

JPモルガン・チェース日本法人の公式サイトです。

JPモルガン・チェースの株価推移

JPモルガン・チェースの株価(2019年10月18日現在)です。

業績に加え、米国全体の好調な経済状況もあり上昇基調です。PERも約11倍(2019年10月現在)で割安感があります。景気敏感株ではありますが今後もアメリカ経済と共に発展していくと思われます。また、配当利回りも3%前後で約10年の連続増配と実は高配当株の一つとも言えます。

 

 

JPモルガン・チェース(JPM)の年間配当金と配当性向・増配率

年間配当金

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
配当 0.20 0.20 1.00 1.20 1.44 1.58 1.72 1.88 2.12 2.72

リーマンショックの際に2009年減配、2010年現状維持ですがこれは無配転落や倒産・合併などが起こっていた当時の銀行セクターの中では極めて優秀な数値です。その後は順調に増配を続けています。

配当性向

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
配当性向(%) 8.90 5.10 17.00 23.10 30.60 28.90 28.60 31.70 29.40 30.70

配当性向は30%前後と全く問題のない健全な数値を示しています。

増配率

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
増配率(%) 0.00 0.00 400.00 20.00 20.00 9.70 8.90 9.30 12.80 28.30

増配率も最近は落ち着いてきましたがそれでも十分な増配率です。今後の景気後退で再び減配したとしてもまたすぐに元の配当金に戻るという信頼感を得られます。

JPモルガン・チェース(JPM)のEPS(1株当たり利益)とBPS(1株当たり純資産)

EPS

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
EPS 2.26 3.96 4.48 5.20 4.34 5.29 6.00 6.19 6.31 9.00

EPSはほぼ右肩上がりを続けていてそれに伴い配当も上がっている感じです。増配しても余裕が十分にあります。

BPS

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
BPS 39.88 43.04 46.25 51.27 52.05 56.86 59.96 64.10 67.82 70.58

BPSも右肩上がりしています。強固な財務体質を築き続けてきました。

JPモルガン・チェース(JPM)の発行済株式数

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
発行済株式数 3,663 3,561 3,425 3,275

微妙に減っているところです。自社株買いに力を入れている感じはあまりないですが配当が増えているので特に不満は無しです。

JPモルガン・チェース(JPM)営業収益と純利益

営業利益

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
営業収益 68,419 86,055 89,660 91,658 97,142 91,973 89,202 90,307 93,689 110,550

営業利益も高い水準で着実に増えてます。

純利益

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
純利益(率) 11,728 17,370 18,976 21,284 17,923 21,745 24,442 24,733 24,441 32,474

純利益は右肩上がりです。効率的な経営がいかにできているかを物語っています。

JPモルガン・チェース(JPM)のキャッシュフロー

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
フリーCF 121,897 -3,752 95,932 25,079 107,953 36,593 73,466 20,196 -2,501 14,187

銀行らしく変動が激しいですが悪い数字では全くありません。

JPモルガン・チェース(JPM)の営業キャッシュフローマージン

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
営業CFM(%) 178.16 -4.4 107 27.36 111.13 39.79 82.36 22.36 -11.43 13.64

キャッシュフローと共に変動が激しいですが概ね高い水準であります。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

閲覧ありがとうございます。こちらも押していただけると嬉しいです!