ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)の銘柄分析(株価・配当など)

ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)の基本情報

ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)の事業と歴史

ジョンソン・エンド・ジョンソンは60か国に250社超の企業を有する世界最大のトータルヘルスケア企業です。消費者、医療機器・医薬品という3つの事業区分により構成されそれぞれの研究・開発・製造・販売などを手掛けています。医療機器では世界シェア首位級を誇り、身近なブランドで代表的な物ではバンドエイドなどがあります。研究施設は米国、ベルギー、ブラジル、カナダ、中国、フランス、ドイツ、インド、イスラエル、日本、オランダ、シンガポール、スイス、英国にあります。また、リーマンショックを始めそれ以外にも起こった数々の危機を乗り越え50年以上の増配を続けている配当王銘柄でもあります。

ロバート・ウッドジェームス・ウッドエドワード・ミードのジョンソン三兄弟が創業した。滅菌の概念を世界で初めて製品に導入。50年以上10%成長を続けている。家庭用のバンドエイド綿棒、ベビーオイルから医療機関で使用する医療機器、薬剤、薬、コンタクトレンズアキュビューなどを製造販売している。一般企業の社訓にあたるOur Credo(我が信条)が有名。

Wikipediaより引用(ジョンソン・エンド・ジョンソン)

滅菌の概念を世界で初めて製品に導入とはまさに当時の世界を変えた企業です。この長い歴史の中で多くの人の命を救って来たものと思われます。

ジョンソン・エンド・ジョンソンの公式サイトです。

ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)の株価推移

ジョンソン・エンド・ジョンソンの株価(2019年10月21日)です、大方右肩上がりしています。最近少しオピオイド訴訟やベビーパウダーの自主回収などで低調気味ではありますが業績には影響ないものと思われます。

米国はバイオ・ヘルスケア業界でも最先端の企業が集まっており市場平均を長期に渡りアウトパフォームしてきました。

 

ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)の増配年数と配当利回り

増配年数

56年

配当金(配当利回り)

3.8(2.98%)

ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)の注目ポイント

世界最大の総合ヘルスケア企業

ジョンソン・エンド・ジョンソンは世界最大の総合ヘルスケア企業です。製薬会社はジェネリック医薬品等の台頭や売れ行きの明るい新薬を開発するか買収するなどして手中に収めることができないと厳しい面がありますが、ジョンソンエンドジョンソンは医薬品のみならず医療機器でも世界トップ級のシェアを誇ります。

長期的に高いリターンをもたらしたヘルスケア業界の代表格ともいえる企業で長期投資に非常に良い対象だと考えています。

ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)の業績・財務

ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)の配当金と配当性向・増配率

年間配当金の推移

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
配当 1.93 2.11 2.25 2.4 2.59 2.76 2.95 3.15 3.32 3.54

半世紀以上に渡る連続増配継続中です。

配当性向の推移

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
配当性向(%) 43.86 44.14 64.47 62.18 53.85 48.42 53.83 53.12 706.38 63.1

連続増配かつ配当利回りもが比較的高いにもかかわらず、配当性向が高くて60%台とかなり余裕を持っています。一時的に業績が傾いたとしても減配を心配しなくてよさそうな水準です。2017年だけ異常な配当性向になっていますがこれは税制改正の影響で一時的な物となります。

増配率の推移

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
増配率(%) 7.8 9.33 6.64 6.67 7.92 6.56 6.88 6.78 5.4 6.63

安定した増配率でこれも文句なしの数字ですね。配当性向からしてもまだまだ増配余地があります。

ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)のEPS(1株当たり利益)とBPS(1株当たり純資産)

EPS

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
EPS 4.4 4.78 3.49 3.86 4.81 5.7 5.48 5.93 0.47 5.61

EPSを見ていくと右肩上がりというほどではありませんが安定して少しずつ上昇気味に推移しています。為替変動の懸念はありますが、今年度は大幅な増益を見込んでいます。

BPS

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
BPS 18.34 20.6 22.53 23.33 26.25 25.06 25.82 26.75 22.43 22.44

今度はBPSですこちらも横ばいです。自社株買いよりも配当に力を入れている企業なのでこのようになるという感じです。

ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)の発行済み株式数

発行済み株式数

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
発行済株式数 2,755.16 2,706.31 2,682.52 2,662.32

微減ですが、あまり自社株買いに熱心ではない感じが見受けられます。その分をしっかり配当で株主に還元しており十分だと思います。

ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)の売上高

売上高

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
売上高 61,897 61,587 65,030 67,224 71,312 74,331 70,074 71,890 76,450 81,581

ほぼ右肩上がりです。

ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)の営業利益・純利益

営業利益

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
営業利益 16,776 16,527 16,240 17,432 18,957 20,563 18,370 21,210 19,622 21,407

純利益

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
純利益 12,266 13,334 9,672 10,853 13,831 16,323 15,409 16,540 1,300 15,297

営業利益と純利益も非常に高い水準で安定しています。さすが世界のトップ企業です。

ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)のキャッシュフロー

営業キャッシュフロー

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
営業CF 16,571 16,385 14,298 15,396 17,414 18,471 19,279 18,767 21,056 22,201

投資キャッシュフロー

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
投資CF -4,510 -5,103 -12,305 -7,735 -4,761 -14,868 -3,167

フリーキャッシュフロー

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
フリーCF 14,206 14,001 11,405 12,462 13,553 15,453 12,468 13,779 18,358 17,392

業界の特徴として研究開発のために多額の投資キャッシュフローがありますが、それを回収できる営業・フリーキャッシュフローがあります。今後の配当に安心感をもたらしてくれる数字です。

ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)の営業キャッシュフローマージン

営業キャッシュフローマージン

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
営業CFM(%) 22.9 24.42 24.85 27.51 26.11 27.54 27.21

売上高の何割をキャッシュで得ることができたかを測る指標ですが、15%を超えていれば競合他社に対して優位性をもっていると言えますが20%を安定的に超えておりかなりの高水準です。高いブランド力があるからこそ成し得ることだと思います。

ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)の今後の見通しとまとめ

非常に幅広く分散された総合ヘルスケア企業であり、医薬品から医療機器まで世界中で事業を継続し成長させてきています。今後の世界で医療・衛生の分野はまだまだ成長余地がありそれによる業績増加と共に増配で株主に高いリターンをもたらすでしょう。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

閲覧ありがとうございます。こちらも押していただけると嬉しいです!