マイクロソフト(MSFT)が国防総省に対するクラウドサービス「JEDI」の契約を獲得

米国時間10月25日、国防総省で「JEDI(ジェダイ」と呼ばれる国防総省のクラウドコンピューティングサービスに関する100億ドル規模の契約をMicrosoftに決定したとの発表がありました。この決定までには約2年の歳月がかけられており、この入札にはAWSを展開するアマゾン・ドットコム、IBM、オラクルも参加していました。

このJEDIは契約の規模も大きく国防総省の契約を獲得したとなれば高い信頼を得ることができ、クラウド事業にとって前向きな事柄になるという考えがありました、そしてその本命はクラウドサービスで現在1位のシェアを誇り、中央情報局(CIA)などの政府機関とも契約しているアマゾン・ドットコムと見られていましたが蓋を開けてみるとMicrosoftに決まっていたということでアマゾンAWSは「この決定に驚いている」「純粋に比較して詳細に評価すれば、明らかに違う結論になったはずだ」と驚きと不服申し立ての可能性を示唆しています。

商用利用される民間サービスが軍事技術に応用されることへの反発も一部で起こっており、実際にGoogleグーグルは、同社の人工知能(AI)の利用に関する倫理ガイドラインに、JEDIが抵触するということを理由に従業員から抗議を受け2018年10月にこの入札から撤退しています。技術の発展とともに今後より強く意識されることになっていくであろう倫理の問題は長くあり続けるでしょう。

また、この問題はトランプ大統領がアマゾンのジェフ・ベゾス最高経営責任者がオーナーを務めるワシントンポストに批判的なことを受けた結果だともいわれており政治にも関与するなど長引きそうであります。

関連記事です。こちらもよろしくお願いします!

マイクロソフト(MSFT)の銘柄分析(株価・配当・見通し)

2019年10月26日

株価は最高値更新!長期投資に最適な米国株マイクロソフト(MSFT)の魅力とは??

2019年11月11日

マイクロソフト(MSFT)の2019年9月期決算が発表されました!

2019年10月29日

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

閲覧ありがとうございます。こちらも押していただけると嬉しいです!