ゼネラル・モーターズ(GM)の銘柄分析(株価・配当・見通し)

ゼネラル・モーターズ(GM)の基本情報

ゼネラル・モーターズ(GM)の事業と歴史

ミシガン州に本社を置く現在世界3位の自動車メーカーです。米国と中国が売り上げの主軸です。1930年代からアメリカ自動車業界で最大の市場シェアを誇り特に1950年代から60年代には世界最大の自動車メーカーになるまで成長しましたが、1970年代以降は輸入車などとの競争で売上が減少し低迷が続きました。そして、2008年に77年続いた世界一の座から転落し2009年に経営破綻しましたが2010年に再上場しました。その後生産拠点の縮小組織再編を進め今後は自動運転への投資を加速する方針を示しています。破綻やその後も続く隠蔽体質などが指摘されており、そこからの信頼回復も求められています。

ゼネラル・モーターズ(GM)の株価推移

ゼネラルモーターズ(GM)の株価(2019年11月17日)です。2010年の再上場後は常にレンジ相場といった感じであまり上昇していません。株価上昇のきっかけを作れるかどうかです。

 

 

ゼネラル・モーターズ(GM)の増配年数と配当利回り

増配年数

0年

配当金(配当利回り)

1.52(4.12%)

ゼネラル・モーターズ(GM)の注目ポイント

バフェット銘柄でもある割安株

ゼネラル・モーターズ(GM)の株価収益率(PER)は5~6倍程度で推移しています。一度経営破綻したことでかえって財務が身軽なものとなりました。著名投資家であるデイビット・アインホーン氏やウォーレン・バフェット率いるバークシャー・ハサウェイもポジションを持つなど一部で注目を浴びています。電気自動車の普及などこれまでの自動車業界には逆風が吹いているかのように思われますが、新興国では従来の自動車がまだまだ需要を持ち自動車需要自体も今後10年は緩やかな増加の見通しです。

 

 

 

 

ゼネラル・モーターズ(GM)の業績・財務

ゼネラル・モーターズ(GM)の配当金と配当性向・増配率

年間配当金の推移

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
配当 0 0 0 0 0 1.2 1.38 1.52 1.52 1.52

再上場後しばらくは配当を停止していましたが2014年に配当を開始し2916年までは増配を続けました。

配当性向の推移

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
配当性向(%) 0.00% 0.00% 0.00% 0.00% 0.00% 72.73% 23.35% 25.33% -58.46% 27.49%

2017年は特殊要因もあり赤字っでしたが2018年からは再び安定しています。

増配率の推移

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
増配率(%) 0.00% 0.00% 0.00% 0.00% 0.00% 15.00% 10.14% 0.00% 0.00%

業績的に厳しいので仕方ないですが増配をできるようになることを望む次第です。

ゼネラル・モーターズ(GM)のEPS(1株当たり利益)とBPS(1株当たり純資産)

EPS

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
EPS 114.84 2.89 4.58 2.92 2.38 1.65 5.91 6 -2.6 5.53

EPSはの伸び悩んでいるのが実情です。

BPS

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
BPS 18.47 26.33 22.16 26.58 29.22 25 27.76

BPSは横ばいです。

ゼネラル・モーターズ(GM)の発行済み株式数

発行済み株式数

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
発行済株式数 1,500 1,500 1,400 1,400

増配できなかった2017年に自社株買いを行っています。

ゼネラル・モーターズ(GM)の売上高

売上高

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
売上高 104,589 135,592 150,276 152,256 155,427 155,929 152,356 166,380 145,588 147,049

売上高が伸びていないためEPSを伸ばすのも非常に難しいところにいます。

ゼネラル・モーターズ(GM)の営業利益・純利益

営業利益

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
営業利益 -14,222 5,135 6,942 5,682 6,441 3,141 8,228 9,996 10,664 6,733

営業利益も横ばいとなっています。

純利益

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
純利益 104,821 6,172 9,190 6,188 5,346 3,949 9,687 9,427 -3,864 8,014

純利益は横ばいで推移です。

ゼネラル・モーターズ(GM)のキャッシュフロー

営業キャッシュフロー

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
営業CF 10,605 12,630 10,058 11,691 16,545 17,328 15,256

営業キャッシュフローは少し伸びています。

投資キャッシュフロー

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
投資CF -3,505 -14,362 -15,698 -27,710 -35,643 -27,572 -20,763

投資キャッシュフローは毎年多額ですが安定しています。

フリーキャッシュフロー

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
フリーCF -15,029 364 -5,024 4,033 -4,355 -13,152 5,477

上場以来非常に厳しい展開が続いていましたが、2018年に再びフリーキャッシュフローを創出することができました。

ゼネラル・モーターズ(GM)の営業キャッシュフローマージン

営業キャッシュフロー

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
営業CFM 6.97% 8.13% 6.45% 7.67% 9.94% 11.90% 10.37%

こちらはさして悪い数字ではありません。

ゼネラル・モーターズ(GM)の今後の見通しとまとめ

非常に割安で放置された銘柄と言え、今後の見通しは必ずしも明るいと言い切れるものではありませんが復活するときが来た場合は大きなリターンを得られる可能性を秘めています。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

閲覧ありがとうございます。こちらも押していただけると嬉しいです!