フォード・モーター(F)の銘柄分析(株価・配当など)

フォード・モーター(F)の事業と歴史

フォードは現在世界6位の自動車メーカーで世界的にも代表的な自動車メーカーです。大量かつ早い工場設備、士気を高める工員の高賃金、1台辺りコストの削減など、効率的経営を行ってきて「フォーディズム」の名前を残すなど20世紀の産業・経営史で代表的な企業でもあります。

フォードは自動車の大量生産、大規模工業のマネジメントを行っておりワンフォード戦略と言って、同一モデルを世界中で販売しています。2018年に中国での売上高減少が響き株価は低迷しています。コスト削減で利益改善を目指しています。1913年に組み立て工程にベルトコンベアを導入した初の企業でもあります。

フォード・モーター(F)の株価推移

フォード・モーター(F)の株価(2019年11月15日現在)です。最盛期に付けた高値を大幅に下回り低空飛行している状態が続いています。

 

 

 

フォード・モーター(F)の配当金と配当性向・増配率

年間配当金

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
配当 0 0 0.05 0.2 0.4 0.5 0.6 0.6 0.6 0.6

リーマン時に無配転落をしてから増配をしてきましたが、近年は非常に厳しく増配が停止しています。

配当性向

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
配当性向(%) 0.00% 0.00% 1.01% 14.08% 22.73% 62.50% 32.61% 52.17% 31.09% 65.22%

配当性向は低めです。

増配率

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
増配率(%) 0.00% 0.00% 300.00% 100.00% 25.00% 20.00% 0.00% 0.00% 0.00%

増配が止まってしまっているので再び増配できることを願う次第です。減配こそしていませんが危険な状態です。

フォード・モーター(F)のEPS(1株当たり利益)とBPS(1株当たり純資産)

EPS

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
EPS 0.86 1.66 4.94 1.42 1.76 0.8 1.84 1.15 1.93 0.92

EPSは伸び悩みです。

BPS

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
BPS 4.07 6.69 6.27 7.22 7.34 8.77 9.03

BPSはゆっくりと増加傾向にあります。

フォード・モーター(F)の発行済み株式数

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
発行済株式数 4,031 4,047 4,058 4,071

発行済み株式数は微増しています。

フォード・モーター(F)の売上

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
売上高 116,283 128,954 135,605 133,559 146,917 144,077 149,558 151,800 156,776 160,338

厳しい中ですが、売上高は増加傾向で維持させており上手くできている方だと思います。

フォード・モーター(F)の営業利益・純利益

営業利益

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
営業利益 -1,058 8,813 7,907 6,246 5,787 3,788 8,051 4,587 6,882 4,419

営業利益はかなり厳しい水準にあります。

純利益

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
純利益 2,717 6,561 20,213 5,665 7,155 3,187 7,373 4,596 7,731 3,677

営業利益と同じく純利益もかなり厳しい様子が見えます。

フォード・モーター(F)のキャッシュフロー

営業キャッシュフロー

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
営業CF 9,045 10,444 14,507 16,170 19,792 18,096 15,022

営業キャッシュフローは一時より高水準となったものの横ばいです。

投資キャッシュフロー

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
投資CF -14,290 -19,731 -21,124 -26,162 -25,352 -19,360 -16,261

投資キャッシュフローは安定です。

フリーキャッシュフロー

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
フリーCF -4,932 -3,466 511 44,249 9,308 -466 3,491

減少しているのが気になるところです。

フォード・モーター(F)の営業キャッシュフローマージン

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
営業CFM 6.77% 7.11% 10.07% 10.81% 13.04% 11.54% 9.37%

厳しい状況下にあっても業界トップクラスの企業であり安定した稼ぐ能力を持っています。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

閲覧ありがとうございます。こちらも押していただけると嬉しいです!