フェイスブック【FB】の株価・銘柄分析と今後 世界の4人に一人を繋ぐSNS

フェイスブック【FB】の基本情報と歴史

2004年にマーク・ザッカーバーグ現CEOと、ハーバード大学の同級生だったエドゥアルド・サベリンが創業しました。アメリカの主要なIT企業でありGAFAの1つです。当初は学生の利用を主とするサービスでしたが、後にEコマース・映像配信・マーケティングなど多彩な事業を行うようになりました。2012年に上場して以来急速に成長を遂げており、現在では世界最大のSNSになっており世界人口の4人に1人をつなぐと言われています。主な収入は広告収入です。個人情報規制や偽ニュースに起因する信用性の逆風などもありますが人工知能への投資や動画共有アプリ「インスタグラム」を買収し、SNS業界で首位を維持しています。

ハーバード大学内で開設された小さなSNSは今や世界最大のSNSであり、その急成長ぶりが分かります。

その利用客の数を活かして企業マーケティングや広告の事業も急速に発展しています。そして、新たな仮想通貨「リブラ」を開始しようとしていますがFRBを含めた規制当局は難色を示しています。

フェイスブック【FB】の株価推移


右肩上がりを続けています。しかし、よくよく見ると上場直後は下落したまま停滞しています。どんな有望株でもどこかでこのような局面があるとの一例でしょう。

2004年に創業、2012年に上場、そして2020年時点で世界時価総額ランキングで上位10社入りと非常に短期間で大きな成功を収めてきました。

しかし、その成功には大きな責任が伴います。個人情報保護、フェイクニュース、市場独占の問題、様々な問題がFacebookをはじめとしたIT大手を取り巻いています。

フェイスブック【FB】の財務分析

売上高と営業利益等の推移

 売上高と営業利益等、損益計算書項目の推移を示しています。

5年間だけでも驚異的な勢いで売上高を伸ばしています。デジタル広告は無差別に多数の人に広告を配信するテレビに対して、興味のありそうな人に絞って広告を配信できるなど費用対効果の面で有利と言われており、インターネット広告市場は今後も伸びる業界と言われており、まだまだ成長する可能性を秘めています。

営業利益と純利益の推移

営業利益と純利益も売上高の成長に比例して伸びています。見て分かる通り、営業利益と純利益の差が少なく非常によい数字です。

営業利益率と純利益率の推移

営業利益と純利益率は極めて高い数値です。そして、なんとこの数字はGAFAMと言われる巨大IT企業群の中で最も高い利益率となります。利益率の高い広告事業に注力した結果と言えるでしょう。

BPS・EPS・SPSの推移

2015年 2016年 2017年 2018年 2019年
EPS 1.29 3.49 5.39 7.57 6.43

順にBPS(一株当たりの純資産)EPS(一株当たり純利益)SPS(一株当たり売上高)を示しています。これらは一株当たりの価値を測る数字として有効です。

全て売上高等と同じように強く伸び続けています。

貸借対照表

貸借対照表の概略です。ここでは特に流動比率を見ると良いでしょう。流動資産が流動負債の額を上回っていれば短期的な債務を早期に完済する事が出来ると見込まれるからです。しかし、流動資産にも即時換金できるものばかりではないため内容が重要な事に注意しましょう。

フェイスブックの力強さはここにも現れています。alphabet【GOOGL】のような貸借対照表で、極めて現金同等物と流動資産の比率が高いです。流動比率200%超えや当座(現金同等物)比率100%超えがより厳密に見た安全性の指標とみなされていますが、現金同等物だけで流動負債を、流動資産も組み合わせると固定負債までもを完済できるほどです。

この他社が簡単に真似できない財務健全性と多額の現金保有は競合他社に対する強みと言えるでしょう。

キャッシュフローの推移

営業キャッシュフローは営業活動による収支、投資キャッシュフローは投資活動による収支、財務キャッシュフローは借入金の返済や配当・自社株買いなどを表します。新規借入などを行った時はプラスになる事があります。

営業キャッシュフローが大きく伸び続けています。

株主にとって特に重要な会社が自由に使えるお金を指すフリーキャッシュフローは投資額の多さから急激な伸びはありませんが、安定しながら伸び続けています。これが内部留保になったり、配当・自社株買いの原資となるため今はまだないですが成熟企業となったときに株主還元を期待する事ができます。

ROE・自己資本比率・営業キャッシュフローマージンの推移

こちらは経営の効率性を示すROE、健全性を示すROE、営業活動からどれだけ効率的にキャッシュフローを得ているかを示す営業キャッシュフローマージンです。

自己資本比率はその名の通り総資産に占める自己資本の割合で計算されますが、貸借対照表の通りとんでもない数字が並んでいます。80%近くが自己資本で構成されています。

ROEが高い企業は設備投資や自社株買いを通じて資本を効率的に活用していることを示しているため、高ければ高いほど自己資本比率は下がる傾向にあります。

営業キャッシュフローマージンは売上高のうちどれだけの金額を現金で得る事ができたかを見る指標です。高いほど売上額から経費をかけず会社に現金収入をもたらしていると言えます。営業キャッシュフローが営業利益を下回る場合はその営業利益が現金ではない別の入り方をしている事に注意しましょう。

15%を超えていれば良好と言える営業キャッシュフローマージンも極めて高く、売上高の半分超が社内に現金として流入する状況です。

設備投資額の推移

設備投資の多い会社は成長企業と見られ、将来が期待されている事が多いです。中には維持費的なものもあるので多額の設備投資が何を目的にしているかは見極める必要があります。

設備投資は年々増加しており、2018年以降急激に増えています。事業で得た資金を更に成長に向けた投資で活用し、規模を拡大していく事でこの急激な成長モデルを達成しています。

フェイスブック【FB】の株主還元

配当と配当性向の推移

 配当金と配当性向の推移を記載していますが、配当はありません。当面支払う予定も無いと同社は発表しています。

成長による株価の上昇で株主に報いようとしておりその結果は出ていると言って良いでしょう。

発行済み株式数の推移

 自社株買いは定期的にというよりも随時行っていると言った形です。自社株買いなどによって発行済み株式数が減るほど、一株当たりの価値は向上し株主に利益をもたらします。

フェイスブック【FB】の今後の事業展開

世界の4人に一人を繋ぐほぼ独占的な広告事業とEコマースへの進出

月間利用者数は25億人と驚異的な人数が利用するフェイスブックのサービスは様々なデータを保有していることを意味します。

このデータは企業のマーケティング広告などありと凡ゆる分野に活用され、自らが運営するFacebookとInstagramといったプラットフォームで無数のユーザーに流されます。

多数の情報を保有する事でそれに伴う個人情報管理の責任や反トラスト法に関する議会の調査がInstagram買収に関しても行われ、リブラの計画も停滞しており、新型コロナウイルスなどにより景気の鈍化は真っ先に広告収入の現象に繋がっています。

このように逆風にも見舞われていますがその反面、巣篭もりによりユーザーの増加には勢いがつき現在も増え続けています。高い利益率や長期的には発展し続けるとされるインターネット広告市場を背景に経済成長や人口の増加と共に長く発展し続ける事ができるビジネスであると思います。

また、FacebookとInstagramに連動したサービスとして、Eコマース事業に参入しました。アカウントにネットショップを作ることができ、情報発信と販売を行える手軽なブログ感覚で運営できる販売ツールを目指そうとしています。

決済機能が未実装であるため、外部の通販サービスを絡ませる必要がりますが、今後新たな機能の拡大が期待されており通販サービスの拡大による大きなチャンスがあります。

まとめ

大きな成長を遂げたが故に逆風にも見舞われている、フェイスブックですが長い目で見るとこのビジネスには大きな成長性があると考えています。

Eコマースにも進出する構想があり、更なる成長の機会を自ら作り続けています。

フェイスブック【FB】の関連記事・参考情報

この記事の改訂前版です。配当など数字などのデータは少し古いものも掲載しているので長期的な比較の際は是非

フェイスブック(FB)の銘柄分析(株価・配当など)

2019年10月26日

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

閲覧ありがとうございます。こちらも押していただけると嬉しいです!