市場のカギを握るNY州の感染者数とJNJによるワクチン開発

米国時間4月7日の米国株式市場は、値を下げて1日を終えました。初めに急上昇をした後は下がり気味になり前日比で以下の通りとなりました。

S&P 500 -4.27ポイント -0.116%

ダウ平均株価:-26.13ドル -0.12%

ナスダック総合指数 -25.98ポイント -0.33%

最近の株価は同じく危機的な原油市場の環境もあり荒い値動きをしており、その予測は極めて困難なものとなっています。市場関係者の見解大きく分けると「既に底打ちした」といった見解と「今後の経済指標で二番底を試す」といった2つの見解があります。

実際にNY州を中心としたアメリカの感染者数や死亡者数は減少の兆しが見えており、経済活動も4~5月には再開するとの見通しがあります。

米国では現在人口の8割ほどをカバーする30州でロックダウンが行われており、経済活動は生活必需品の店をのぞいて停止しているも同然の状態であり、1日1日が経済にとっては戦いとなっています。

以下のグラフで示している最初にロックダウンを実施したNY州における感染者数と死亡者数が米国経済全体の先行きを占う先行指標と同じような扱いを受けています。

3月22日 3月23日 3月24日 3月25日 3月26日 3月27日 3月28日 3月29日 3月30日 3月31日
10356 15168 20875 25665 30811 37258 44635 52318 59513 66497

 

4月1日 4月2日 4月3日 4月4日 4月5日 4月6日 4月7日
75795 83712 92381 102863 113704 122031 138836
このまま安定期に差し掛かれば、感染者数と死亡者数は減少し景気への影響を当初の見通しより抑えることができるでしょう。最近の死者数が横ばいで感染者が落ち着いてくれば終息が見えます。ワシントン大学の分析によると、このことを受けて8月4日までの米国内で予想される死者数は8万1766人で先週末時点での予想からは約1万2000人減少しました。

 

米のコロナ死者、予測下回る可能性 NY州など安定化の兆しで

しかし、イエレン前FRB議長は「失業率は現状で12~13%とみられ、さらに上昇するだろう」とJPモルガン・チェースのダイモンCEOも「深刻な景気後退の恐れがある」と慎重な姿勢を維持しており、今後の感染者数といった経済とは別のデータによる状況になっています。

米FRB「長期的に株式購入検討を」 イエレン前議長

コロナウイルスのワクチンに関してもジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)がエボラウイルスのワクチン技術を応用した形で開発をはじめ、9月に臨床試験、来年初めにも使用できる状態になることを目指すと発表しました。その日の株価は8%高でした。この、新しいコロナウイルスワクチンの開発と並行してワクチンの生産能力を10億本以上まで引き上げることを目指し厚生省の生物医学先端研究開発局と共同で10億ドル以上を投資しました。2021年初頭までに当局から緊急使用許可を取得することを目標として、9月まで臨床試験を開始する予定です。その後はワクチンの製造能力を増強し、それが効果的であると判明した場合、10億回分以上の生産を目指しています。

このようにコロナウイルスに対する動向がそのまま個別株にとどまらず、市場全体を左右しています。

相場の底は誰にも判断することはできませんが、下がったこの時にも投資を続けていくことが大切だと思います。毎月の雇用統計やGDPが今まで以上に大きな影響を与えることになってくるでしょう。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

閲覧ありがとうございます。こちらも押していただけると嬉しいです!