ドミニオン・エナジー(D)の銘柄分析(株価・配当・見通し)

ドミニオン・エナジー(D)の基本情報

ドミニオン・エナジー(D)の事業と歴史

バージニア州に本社を置く総合エネルギー企業です。非常に広範な発電・送電設備に加え、ガスパイプラインを有するなどまさにインフラを担う企業と言えます。近年も新たに事業拡大のため買収を繰り返しており、さらなる成長を望めます。電源割合としては、原子力発電が4割前後、LNGによる発電も4割前後と並んでおり、原子力発電を重要電源としつつも新たなエネルギー源としてLNGによる発電の割合を増加させ、これまでのエネルギー生産を支えた石炭に代わる方針で運営をしています。

ドミニオン・エナジー(D)の株価推移

ドミニオン・エナジー(D)の株価(2019年11月18日現在)です。景気に左右されにくくこの期間連続増配を続けてきました。

ドミニオン・エナジー(D)の増配年数と配当利回り

増配年数

16年

配当金(配当利回り)

3.67(4.45%)

ドミニオン・エナジー(D)の注目ポイント

新たなエネルギーへの投資

メガソーラーを設置したり、養生風力発電の計画に着手を始めるなど積極的に新たなエネルギーの開拓に取り組んでいます。Amazon(AMZN)が行うクラウドサービス「AWS」やフェイスブック(FB)や米軍基地などのデータセンター向けに協力して新たなメガソーラーを建設するなど大規模な投資にも積極的で、他にも原子力発電に関するプロジェクトが中止となり株価が下落していた「スキャナ」を2019年1月に買収し営業利益を大きく伸ばすなど時期を見て拡大も行っています。

→Facebookのデータセンター向け、米電力がメガソーラーを増設

ドミニオン・エナジー(D)の業績・財務

ドミニオン・エナジー(D)の配当金と配当性向・増配率

年間配当金の推移

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
配当 2.11 2.25 2.4 2.59 2.8 3.035 3.34

配当金はゆっくりでありながらも増額されています。

配当性向の推移

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
配当性向(%) 398.11% 76.79% 107.14% 80.94% 81.40% 64.30% 89.30%

配当性向は高めではありますが、一定の水準に抑えられています。

増配率の推移

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
増配率(%) 6.64% 6.67% 7.92% 8.11% 8.39% 10.05%

増配率は公益セクターの中では高めです。

ドミニオン・エナジー(D)のEPS(1株当たり利益)とBPS(1株当たり純資産)

EPS

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
EPS 0.53 2.93 2.24 3.2 3.44 4.72 3.74

EPSは少しずつ成長してきて現在安定的に推移しています。

BPS

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
BPS 18.35 20.04 19.75 21.25 23.26 26.58 29.53

BPSは増加傾向が強いです。

ドミニオン・エナジー(D)の発行済み株式数

発行済み株式数

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
発行済株式数 596 628 645 681

発行済み株式数は少しずつ増えていってます。

ドミニオン・エナジー(D)の売上高

売上高

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
売上高 12,835 13,120 12,436 11,683 11,737 12,586 13,366

売上高は基本的に横ばいです。

ドミニオン・エナジー(D)の営業利益・純利益

営業利益

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
営業利益 3,347 3,408 2,876 3,651 3,946 4,309 4,253

営業利益は少しずつ増加を続けています。

純利益

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
純利益 302 2,876 1,310 1,899 2,123 2,999 2,447

純利益は変動がありながらも近年は安定しているところです。

ドミニオン・エナジー(D)のキャッシュフロー

営業キャッシュフロー

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
営業CF 4,475 4,151 4,502 4,773

営業キャッシュフローは横ばいです。

投資キャッシュフロー

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
投資CF -6,503 -10,691 -5,942 -2,358

投資キャッシュフローは設備維持費等の関係で毎年多額になっています。

フリーキャッシュフロー

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
フリーCF -1,267 -3,276 -1,111 -2,199 -1,894 -531

投資キャッシュフローが多くかかっているのが響きマイナスが続いています。

 

ドミニオン・エナジー(D)の営業キャッシュフローマージン

営業キャッシュフローマージン

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
営業CFM 38.30% 35.37% 35.77% 35.71%

こちらはかなり高い水準を維持し続けています。

ドミニオン・エナジー(D)のまとめ

米国で電気ガスなどエネルギーの生産と輸送を担っている高配当株で非常に安定性があります。景気にも左右されにくく配当狙いの投資には非常に適した銘柄です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

閲覧ありがとうございます。こちらも押していただけると嬉しいです!