CATEGORY

米国株式

市場のカギを握るNY州の感染者数とJNJによるワクチン開発

米国時間4月7日の米国株式市場は、値を下げて1日を終えました。初めに急上昇をした後は下がり気味になり前日比で以下の通りとなりました。 S&P 500 -4.27ポイント -0.116% ダウ平均株価:-26.13ドル -0.12% ナスダック総合指数 -25.98ポイント -0.33% 最近の株価は同じく危機的な原油市場の環境もあり荒い値動きをしており、その予測は極めて困難なものとなってい […]

JPモルガンのダイモンCEOが語るコロナウイルスの影響

4月6日にJPモルガン・チェース(JPM)のジェイミー・ダイモンCEOは株主に宛てた年次書簡の中で自行の収益は「2020年には大幅に減少する」と予想し、米国経済も深刻な景気後退に陥るとの見方を示しました。 死者数が減少するなどコロナウイルスの影響も底打ちの兆しが見えてきたとの見通しがある中ですが、このリーマンショック時代からCEOである同氏は早くからコロナウイルスの影響が長期化する見通しを示し現在 […]

2019年度末時点のポートフォリオと運用成績

2019年度が終わりました。ここでは保有する株式ポートフォリオとリターンを紹介していきたいと思います。最後の1か月のコロナショックで米国株というか世界全体で株価が暴落し大久喜時価総額が減りました。 市場平均たるS&P500とダウ平均、半世紀以上に渡り高いリターンを出し続けるバークシャー・ハサウェイの3つが比較対象であり目標です。 基準日は本格的に記録を付けて始めた2019年の8月1日として […]

コロナウイルスと景気後退懸念で下落した米国の優良銀行株

リーマンショックとは違う銀行の冬 リーマンショック以降、銀行にとっては厳しい低金利の時代が続きました。2016年以降の連邦準備制度理事会による段階的な利上げで2019年中に3%程度まで利上げがされると予想されていましたが、現実には米中貿易戦争やコロナウイルスによるリセッションの懸念で利下げを行い現在は0.00%~0.25%と事実上のゼロ金利政策が4年で復活しました。 これにより、預金金利と貸出金利 […]

コロナウイルスで株価が下落した有望株

市場の悲観で下がった株 2019年から2020年の1月は株価が大きく上昇しました。しかし、今コロナウイルスによる不安で株価は2008年以来の急落をしました。 自分の保有する資産が時価総額にして一気に減っていく様子は驚きと思いますが長く投資を続けていればこのようなことは予想されるもので長期投資を前提にする場合、悲観する必要はありません。また、ここで紹介する企業の多くは市場の悲観や短期的な見通しによっ […]

NYダウ平均とは?構成銘柄や歴史をわかりやすく解説します!!

NYダウ平均とは?? NYダウ平均の歴史 「ダウ平均」とは誰もが聞いたことがある株価指数だと思います。一般的にダウ平均と呼ばれるのは正式名称を「ダウ工業株30種平均」と言うアメリカ合衆国を代表する企業30社で構成された株価指数となります。歴史は長く1884年にまでさかのぼります。当時はアメリカの産業構造が現在と全く異なり鉄道事業者が中心であったことを反映し、鉄道株が9種工業株が2種と鉄道事業者が中 […]

ウォルト・ディズニー(DIS)の株価が7%超の急上昇!!「Disney +」にかかる今後

13日にウォルト・ディズニー(DIS)の株価が7%超の今日上昇をし最高値を更新しました。ウォルトディズニー(DIS)が11月12日に米国とカナダ、オランダでサービスを開始した「Disney+」の加入者数が1日で1000万人に達したことを受けての上昇です。 当初、ウォルトディズニー(DIS)の予想では5年間で9000万人の加入者を獲得するという目標でしたが1日で1000万人に達したことで目標達成が早 […]

上場以来株価は右肩上がり!世界シェア1位の決済事業者 VISA(V)の見どころ

VISA(V)の株価が2019年に入ってから30%以上の上昇で上場以来1100%(2019年1月の最安値からは1600%)の上昇を遂げ、いまもなお上がり続けています。VISAのビジネスや現況をMasterCardとの比較も交えながら解説していきたいと思います。 VISAの事業とシステム 近年のフィンテック金融(Finance)と技術(Technology)の進歩はVISAをはじめとしたキャッシュレ […]

株価は最高値更新!長期投資に最適な米国株マイクロソフト(MSFT)の魅力とは??

私はMicrosoft(MSFT)の株式をポートフォリオの中でかなりの割合保有しています。現在は12%ほどですが、最終的には20%あたりまで買い増してもいいのではないかと思っているぐらいです。そこで、今回は数多く存在するマイクロソフト(MSFT)が持つ魅力を紹介していきたいと思います。 ※投資は余裕資金かつ自己責任で ビジネスの硬さと配当・自社株買いなどの株主還元 マイクロソフトは極めて堅実な企業 […]