バンク・オブ・アメリカ(BAC)の銘柄分析(株価・配当・見通し)

バンク・オブ・アメリカ(BAC)の基本情報

バンク・オブ・アメリカ(BAC)の事業と歴史

1998年にネーションズバンクとバンクアメリカが合併し誕生した、アメリカの3大銀行グループの一角で、銀行業・投資業・資産運用などに分かれ広範な金融サービスを提供しています。個人預金においては米国1位です。
2009年に危機的だったメリルリンチを買収し投資銀行部門でも世界有数の規模になりました。

バンク・オブ・アメリカ(BAC)の株価推移

バンク・オブ・アメリカ(BAC)の株価(2019年11月18日現在)です。リーマンショックでメリルリンチを買収した事による飛び火で財務が傷んだことで株価が急落しました。近年は現在成長と利上げによる利ざやの改善、トレーディング収益が追い風となり収益と株価は上向いています。

バンク・オブ・アメリカ(BAC)の増配年数と配当利回り

増配年数

6年

配当金(配当利回り)

0.72(2.19%)

バンク・オブ・アメリカ(BAC)の注目ポイント

個人預金アメリカ国内1位の大手金融機関

バンク・オブ・アメリカ(BAC)は個人預金で国内1位のシェアを持ちその金額は年々成長を続けています。コスト削減による業績向上と増配・自社株買いによる株主還元も厚く行っており米国の経済が当面成長を続けるとされている中で長期投資に適した銘柄だと考えます。

バフェット率いるバークシャー・ハサウェイも多額の投資を行っており、10%を超えて保有することについて連邦準備制度に承認を求めたとのことからもバンク・オブ・アメリカへの期待がうかがえます。

バンク・オブ・アメリカ(BAC)の業績・財務

バンク・オブ・アメリカ(BAC)の配当金と配当性向・増配率

年間配当金の推移

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
配当 0.04 0.04 0.04 0.04 0.04 0.12 0.2 0.25 0.39 0.54

大きく減配をしましたが、リーマンショック時も無配とはならず、立ち直ってからは着実に配当金を増やしていっています。

配当性向の推移

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
配当性向(%) -13.79% -10.81% 400.00% 16.00% 4.44% 33.33% 15.27% 16.67% 25.00% 20.69%

かなり無理をしながら配当を支払い続け立ち直ってきたことが分かります。近年は低い水準に抑えられています。

増配率の推移

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
増配率(%) 0.00% 0.00% 0.00% 0.00% 200.00% 66.67% 25.00% 56.00% 38.46%

増配率はかなり高いです。しばらく好調が続き限り維持されると思います。

バンク・オブ・アメリカ(BAC)のEPS(1株当たり利益)とBPS(1株当たり純資産)

EPS

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
EPS -0.29 -0.37 0.01 0.25 0.9 0.36 1.31 1.5 1.56 2.61

EPSは大きく伸びてきています。

BPS

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
BPS 20.24 20.71 21.32 22.53 24.04 23.8 25.13

ゆっくりですがBPSも伸びてきています。

バンク・オブ・アメリカ(BAC)の発行済み株式数

発行済み株式数

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
発行済株式数 10,380.27 10,052.63 10,287.30 9,669.29

このデータには載せられませんでしたが、リーマンショック時に3倍ほどまで増えた発行済み株式数は現在少しずつ減っていっています。

バンク・オブ・アメリカ(BAC)の営業収益

営業収益

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
営業収益 71,073 81,785 78,844 73,565 68,762 81,972 79,804 80,104 83,956 88,694

営業収益は緩やかな上昇傾向と言えるでしょう。

バンク・オブ・アメリカ(BAC)の営業利益・純利益

純利益

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
純利益 6,276 -2,238 1,446 7,541 13,673 4,833 15,836 17,906 18,232 28,147

純利益は着実に伸びていっています。

バンク・オブ・アメリカ(BAC)のキャッシュフロー

フリーキャッシュフロー

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
フリーCF 57,564 14,056 26,739 28,347 18,306 9,864 39,520

フリーキャッシュフローも景気に沿いながら安定しています。

バンク・オブ・アメリカ(BAC)の営業キャッシュフローマージン

営業キャッシュフローマージン

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
営業CFM 78.25% 20.44% 32.62% 35.52% 22.85% 11.75% 44.56%

業種柄というのもありますが高めです。

バンク・オブ・アメリカ(BAC)の今後の見通しとまとめ

リーマンショック以降株価はゆっくりと回復してきましたが、世界経済の見通しやコスト削減の成功と共に再び株価は上向こうとしています。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

閲覧ありがとうございます。こちらも押していただけると嬉しいです!