アマゾン・ドットコム「Amazon.com」(AMZN)の銘柄分析(株価・配当など)

アマゾン・ドットコム「Amazon.com」(AMZN)の事業と歴史

アマゾン・ドットコム「Amazon.com」は、ワシントン州シアトルに本社を置くアメリカのIT企業です。近年急速に成長しGAFA、FANG、FAAMGの一角に数えられています。

1994年に30歳で創業者であるジェフ・ベゾス現CEOが1994年7月5日、ベゾスは「Cadabra, Inc.」という名の会社を設立したのが始まりです。この考えの裏には当時のインターネット・バブルにすぐ加わらないことで将来公開するのを避けようとした「後悔の最小化フレームワーク」という考え方があるそうです。チャレンジ精神の賜物ですね。

 その後、アルファベット順に並べたときに「A」から始まり、また世界最大の河川であるAmazonを名称とすることにしました。ベゾスの計画は自らのオンラインストアを世界最大の焦点することとだったのです。

ジェフ・ベゾスが起業する際になぜEC、そして書籍を販売するに至った考えはこのようです。

電子商取引の年間成長率を2,300パーセントと予測する、あるインターネットの将来についてのレポートを読んだあと、ベゾスはオンラインで販売できる20種類の商品のリストを作った。次にベゾスは、このリストからもっとも有望と思われる5種類の商品を絞り込んだ。それらの商品は、コンパクトディスク、コンピュータハードウェア、コンピュータソフトウェア、ビデオ、そして書籍だった。最終的に、文学への大きな世界的需要、書籍は低価格であること、膨大なタイトルが出版されていることなどを考慮し、ベゾスは自身の事業をオンライン書店とすることを決めた[33]。Amazon創業の地は、ベゾスが借りていたワシントン州ベルビューの自宅ガレージとされている[32][34][35]

Wikipediaより引用

今となってみれば、先見の明がすごいとしか言いようがないですね。

Amazonはゆっくりと成長をしていきましたが、その間株主は何度も不満の声を上げてきました。もっと早く採算性を確保しなければ株主の投資を正当化することはできず、長期的に生き残ることはできないだろうと。21世紀初頭に起こったITバブルによって多くのIT企業が倒産に追い込まれたりしましたがAmazonは生き残り2001年に利益を初めて計上しました。1株当たりにすると1セントでしかありませんでしたが、これはジェフ・ベゾスの掲げたビジネスが利益を出せることを示しました。

現在は電子商取引の他にクラウド型サービスであるAWSが利益の成長をけん引しています。幅広い事業を手掛けておりいままでほどでないにしろ、大きな成長が見込まれてます。

アマゾン・ドットコム「Amazon.com」(AMZN)の株価推移

現在の株価(2019年10月24日現在)です。近年の株価の伸びが著しいです。初期の赤字時代やインターネットバブルにも耐えて保有し続けた株主は9万%を超えるリターンを得ることができました。

2018年に最高値を記録して以降、伸び悩むところがありますがそれでも大きな成長を続けています。大きな期待が株価に反映されているだけに一つ一つに気を付けます。

 

 

 

アマゾン・ドットコム「Amazon.com」(AMZN)の配当金と配当性向・増配率

年間配当金

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
配当 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

 

配当性向

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
配当性向(%) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

 

増配率

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
増配率(%) 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

載せるまでも無いと思いましたが、無配です。配当よりも利益の再投資による大きな成長をもって株主に還元するという姿勢です。

 

アマゾン・ドットコム「Amazon.com」(AMZN)のEPS(1株当たり利益)とBPS(1株当たり純資産)

EPS

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
EPS 2.04 2.53 1.37 -0.09 0.59 -0.52 1.25 4.9 6.15 20.14

利益を再投資してもこれだけの利益が出せています。2015年以降でとんでもない伸び方をしています。

BPS

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
BPS 18.04 21.23 23.1 28.42 40.43 57.25 88.69

利益も再投資しているだけあってこちらの伸びは物凄い勢いの右肩上がりです。

アマゾン・ドットコム「Amazon.com」(AMZN)の発行済み株式数

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
発行済株式数 474 477 484 491

自社株買い等を行った実績はない様子です。

アマゾン・ドットコム「Amazon.com」(AMZN)の売上

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
売上(銀行は営業収益) 24,509 34,204 48,077 61,093 74,452 88,988 107,006 135,987 177,866 232,887

売上高が10年で約10倍近くに迫るなど成長の勢いの強力さを物語っています。

アマゾン・ドットコム「Amazon.com」(AMZN)の営業利益・純利益

営業利益

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
営業利益(率) 1,180 1,406 862 676 745 178 2,233 4,186 4,106 12,421

こちらも大きな成長を遂げています。

純利益

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
純利益(率) 902 1,152 631 -39 274 -241 596 2,371 3,033 10,073

純利益額は10倍を超えるという驚異的な数字です。

アマゾン・ドットコム「Amazon.com」(AMZN)のキャッシュフロー

営業キャッシュフロー

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
営業CF 4,180 5,475 6,842 11,920 16,443 18,365 30,723

売上高と連動した右肩上がりです。

投資キャッシュフロー

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
投資CF -3,595 -4,276 -5,065 -6,450 -9,876 -27,084 -12,369

毎年投資する金額も大きくなっています。

フリーキャッシュフロー

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
フリーCF 2,996 3,221 2,626 6,914 10,830 9,448 16,757

投資する金額が莫大であるにもかかわらず、驚異的なフリーキャッシュフローを生み出し続けています。

 

アマゾン・ドットコム「Amazon.com」(AMZN)の営業キャッシュフローマージン

年度 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
営業CFM(%) 6.84 7.35 7.69 11.14 12.09 10.33 13.19

こちらも安定して成長を続けています。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

閲覧ありがとうございます。こちらも押していただけると嬉しいです!