5G関連企業とその業界の動き 5Gとは?どのように変わるのかを解説

IT化の波に乗りあらゆる業界で活用が見込まれる革新的技術5Gの商用利用が開始

2020年の3月から商用化された「5G」。高速化や大容量化などとりあえずより最新の通信規格により日常生活や経済活動に大きな変化をもたらすと言った期待から様々な報道がされています。

しかし一方で「5Gにどんなメリットがあるのかわからない」方はもちろん「そもそも5Gって何?」という方も多くいると思います。

ここでは5Gの特徴などの解説から5Gに至るまでの通信規格の変遷。5G関連のビジネスを展開している、又は大きな変化をする可能性がある業界と企業を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき、5Gが何なのか、これからどのような変化が起こるのか、どのような企業が関係しているのかを知っていただければと思います。

5Gとは?

5Gとは「5th Generation」の略称であり、日本語では「第5世代移動通信システム」と言われる次世代通信規格の事で2020年に入ってから続々と商用利用が開始され始めている、5Gと呼ばれている新たな通信技術です

2019年の国内モバイル通信の回線総数は1億9000万回線と既に国内の全人口を超えているなど飽和状態に近い状況下ですが、2020年3月に本格的に開始された5GはIoTなど接続可能機器が増えることによって伴う需要を追い風に更なる増加をすると見込まれており、2024年には全体の3割程度が5G回線になると予想されています。

4Gに次ぐ第5世代の通信技術として今後様々な場での活躍が期待されています。

通信規格の歴史 1~4Gまで

概ね10年ほどで次の世代になっており、その歴史は既に長いものとなっていますが、まずは第1〜4世代について簡単に解説していきたいと思います。

・1G~4Gの一覧と歴史

1G

1980年代に様々な場所と人の間で普及した音声を電波の信号に変換して通信を行うアナログ式の携帯電話などに使われていた通信技術です。

当時はこの持ち運びできる「移動通信」と言った技術自体に革新性がありましたが、通信可能距離やその品質そのものにも大きな問題が多数あり、その改善をすべく技術開発が進みました。

2G

1990年代に通信技術の進化が始まりデジタル方式へと変わりました。音声に加えてデータ通信が容易になり、インターネットを活用した接続や技術と共に利用されました。

データ通信によってメール、メッセージやインターネットの利用が可能となりました。

90年代末期にNTTドコモが開始した「iモード」はインターネット接続を行い待受画像や着信音、地図検索などの様々な利便性を利用者に提供しました。これに追随し現KDDIは「EZweb」、現ソフトバンクは「J−スカイ」を開始し一気に携帯電話業界のサービスは発展していく先駆けとなりました。

携帯電話業界の再編もこの時期に進んでおり、当時KDDIはDDIセルラーグループ、ソフトバンクはJ−フォン(他にも複数がある)と言った企業でした。この時点での通信そくどは2.4kbps~28.8kbpsであり、携帯電話の普及でデータ通信が一般的になったためにより高速通信へのニーズは増しました。

3G

2000年代に通信が高速化し、パソコンのみならず携帯電話においてもインターネットの接続と普及が進み、インターネットが一般的になりつつある時代です。ここで国際標準の移動通信システムとなり、同一の通信規格の端末機器が世界中で使えるようになりました。

この時点で通信速度は384kbps~14Mbpsと急激に向上しました。この通信速度を活かして様々なプラットフォームからデータをダウンロードしたり、通信を行うサービスなどが増えました。EコマースのAmazonなどはこの時期から着実に成長への投資を重ねていました。

また、2008年には当時独占販売していたソフトバンクによってiPhone3Gが日本国内で発売されインターネット接続の快適性と高速かつ大容量通信への期待はより大きくなりました。

4G

2010年代、50mbps~1Gbpsと3Gよりも高速な通信が可能な4Gが開始されました。携帯端末でありながら通信速度は従来と比べものにならないほど向上した事でモバイルアプリを使ったゲームや動画など大容量通信を必要とするコンテンツを様々なアプリの操作を通じて多様な機能を発揮するスマートフォンの急速な普及によって、社会全体にITが急速に普及した事が実感されつつあります。

4Gによってスマートフォンが飛躍的に機能の向上を遂げました、今度の5Gはスマートフォンやインターネット通信に限らず、社会全体のIT化を促進するよりスケールの大きな変化をもたらすと言われています。

5Gは世界にどのような変化をもたらすのか

4Gによってスマートフォンが飛躍的に機能の向上を遂げました、今度の5Gはスマートフォンやインターネット通信に限らず、社会全体のIT化を促進するよりスケールの大きな変化をもたらすと言われています。

5Gは以下の特長によって社会に大きな変化をもたらす事が期待されています。

総務省の資料を抜粋すると以下のようなポイントがあります

1・超高速

最高通信速度10Gbps現在のLTEの100倍  現在社会で普及し活用されている、移動通信システムよりも遥かに高速で2時間の映画が3秒でダウンロードできるように。

2・多数同時接続

多数同時接続は今でもできると缶得る方もいると思いますが、5Gでの多数同時接続はその数が全く違います。100個以上の機器を同時に接続する事ができるようになり、大きな変化が起きるでしょう。

3・超低遅延

遅延は1ミリ秒程度に抑えられると見られています。これは現行のLTEと比較して10分の1程度であり、大きな進化です。

利用者は遅延速度を気にする事なく、限りなくリアルタイムでロボットやデバイスを遠隔操作し作業を行う事ができます。

代表的なものはこの3つになりますが、これをいかに活用できるかが今後様々な業態の企業で命運を左右するでしょう。

5Gによって影響を受ける業界

通信

国内の携帯電話契約者数が遠く無いうちに頭打ちとなる事が予想される中で更なる成長への道筋として、この5G電波を活用した新たなビジネスに向けて様々な事業者と提携を進めています。

インターネット回線も高速大容量となりプランにも大きな変化が現れるでしょう。

コンテンツ配信

スマーフォンなど多様な端末でストリーミング配信を視聴できるようになった現代において、さらに高画質で高速ダウンロードなどを実現できます。

建設

遠隔地からダンプカー、ショベルカーを動かし、建設のみならず解体作業やその他危険な作業場所での作業を行うにあたりこの自動運転・遠隔操作・監視システムや情報送達などで5Gの特徴は活かされると考えられています。

医療

緻密な映像や画像の解析が必要となる場面や、医療過疎地における遠隔操作での手術などが期待されています。

農業

農業においても、近年進んでいる機械化をより次のステージに進め施設の維持管理や作物の生産管理まで非常に多くの場面で情報技術を活かす事ができます。

これにより、農業の仕事内容が大きく変わり生産体制の大きな効率化が期待されています。

自動車・運送業界

大容量の通信を一気に遅延なく行う事ができるのは、リアルタイムで正確な動作が求められる自動車にも活用できると考えられています。車両制御や地図情報と連携した周辺情報の迅速な取得と処理が現実味を帯びており、完全自動運転が始まる時期も遠く無いでしょう。

運送業においても、データ管理と自動運転が実現すれば大きな経費削減と業務の効率化が図られることとなります。

5G関連企業

通信業界

日本電信電話(NTTドコモ)

日本で最大の総合IT企業グループでグループ内で有する、クラウド・セキュリティ・システム開発などを活かし様々なデータ転送事業を促進しています。

現在Amazon、メルカリをはじめ様々な大手やスタートアップと提携を進め顧客層を開拓しつつあるNTTドコモを完全小会社化することを2020年10月に発表しており、通信事業とより一体となってこれからの5G関連事業を行っていく方針です。

KDDI

通信回線だけではなく、IT活用により必要となるクラウドや分析ツールなど必要となるものをまとめて用意し、事業者に提供する事で幅広い様々な事業者と提携する道を模索しています。

法人向けの開拓に熱心ですが、個人向けサービスの開発にも余念がありません。

ソフトバンク

親会社のソフトバンクグループが出資する海外のスタートアップ企業や大型企業から得た技術を活かして国内で事業会社を作り、事業を行っています。

また、KDDIと5Gの基地局整備で協力関係にあります。

楽天

2019年に第4の携帯キャリアとして、免許を取得し「楽天モバイル」として自社回線を使った携帯サービスに向けて準備を行なっています。他にもクレジットカード、Eコマース、フリマアプリなどを運営しており多くの場面で5Gを活かす事ができるでしょう。

建設

大林組

KDDIやNECと3社で協力し建設機器の遠隔操作に関する研究開発で協業しており、この取り組みは早くも業務の効率化に成果を示しています。遠隔地での道路造成実験に成功し、大きな成功の一歩を踏み出しています。

大林組がKDDIやNECと共同で、複数建機の「5G遠隔施工」に成功

大林組、KDDI、NECは、5Gを活用した種類の異なる建機の遠隔操作や自動化を道路造成工事で試行し、掘削から、運搬、敷きならし、転圧までの一連の施工を成功させた。

自動車

トヨタ自動車

ネットワーク上のデータを通じて、自車と周辺の状況を通信センターに送信する機能を中心としたICTを搭載した車を表すコネクディットカーではKDDIと提携し、別分野ではホンダ、ソフトバンク協業して新たなモビリティ企業「モネ・テクノロジーズ」を2018年9月に設立しました。ICTを搭載して車を表す、コネクディットカーとIoTの融合により新たなサービスと製品を生み出そうとしています。

コネクディットサービスに関しては既に販売されており、セキュリティに関する新機能とサービスを中心に24時間サポートを開始しています。

また、NTTともスマートシティ構想の推進を図るべく2020年4月に相互出資による資本提携をするなど全方位と提携を進めています。

日産自動車

NTTドコモと提携し、車体から収集した情報をクラウドに集約しデータセンターで集約された情報を活かしたドライバー支援技術を開発しています。

テスラ

電気自動車の開発と販売を行い近年急速に成長している、テスラは自動運転システムである「オートパイロット(AutoPilot)」の開発も行っておりイーロン・マスクCEOはレベル5の自動運転を2020年内に管制させると述べており、非常に近くそれなりの形になるものと期待されています。

日本国内ではレベル2でありは現在は部分的な運転自動化のレベルです。

Uber Technologies

世界各国で事業を展開するアメリカのユニコーン企業です。主な事業は配車サービスで人件費が嵩む上にドライバーとの間には様々な労務上の問題が起こるなど懸念がありますが、自動運転を実現すれば大きく成長する可能性を秘めています。

日本ではUber eatsとして食品の配達サービスが行われています。

コンテンツ配信

Amazon【AMZN】

ウォルト・ディズニー【DIS】

それぞれ、定額課金でAmazonプライムビデオ、Disney+などのストリーミング配信サービスを行なっており、両社とも日本国内ではドコモと提携し、ディズニーはドコモ契約者向けに別途定額制の動画サービスを、Amazonはドコモの特定の携帯プランに加入するとAmazonプライムをドコモが負担する形で1年間の無償提供が受けられます。

アップル【AAPL】

Apple MUSIC、AppleTVなど端末販売を主軸に据える事業体制からコンテンツ事業による成長を目指し始めた同社も有力なコンテンツ配信企業です。2020年10月にはApple初の5G対応端末である「iPhone12」シリーズを発表。5Gによる対応端末需要での伸びとコンテンツ利用が見込まれています。

テレビ朝日HD

インターネットでの動画配信事業の強化を掲げてKDDIと協力し月額課金制の動画配信サービス「TERASA」を開始しました。

ネットフリックス【NFLX】

データMAX 5G Netflixパック」として、データ容量60GBまでNetflixと上記の「TERASA」が見放題になるプランを開始しています。

5Gのメリットとデメリット

5Gのメリット

メリットはやはり、前述の超高速・多数同時接続・超低遅延に伴い生まれる多くの点がメリットとなるでしょう。

通信容量が大きくなり高速化することで、非常に高画質なストリーイング配信を視聴する事ができるようになります。

遠隔操作により実現するポイントも大きな影響をもたらします。人の手によらず、機械を操作する事で出来る仕事が増えると危険な作業が減ったり、医療過疎地に医療を提供できる可能性があります。

IoT技術の進歩により、家電の操作や管理が自動化され生活が便利で豊かになる事も期待されています。

5Gのデメリット

あらゆるものがネットワークに接続することにより、セキュリティ上の問題は懸念されています。手動のドアなら、自分で開けなければ基本的に開きませんがIoTによって鍵をかけたドアの場合などは、そこをハッキングされてしまったりすることで危険が生じる事も考えられます。

ネットワークに接続する情報の重要度が増しており、以前とは比べ物にならないほど情報管理の重要性が出てくる時代になるでしょう。

サイバー攻撃によって危険にさらされる情報の質が上がっており、時には命を左右する事さえ出てくるでしょう。

そして、このセキュリティの問題を過剰に懸念して参入が遅くなる事で競争に勝ち残れない可能性だってあります。安全性は最も重要ですが、セキュリティ対策に力を入れて安心安全な事業活動を行い、またその環境を整備していく事が重要でしょう。

まとめ

今後、社会のありとあらゆる所に情報化社会が浸透していくに連れてこの技術を上手く事業に生かせるかどうかは大きな鍵を握る事でしょう。

ビジネスだけでなく、IoTを通じて日常生活にも大きな利便性をもたらすので我々はこれを上手く活用し良い社会が作れるといいなと考えています。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

閲覧ありがとうございます。こちらも押していただけると嬉しいです!